扶養控除|社会保険と所得税  103万円と130万円の違い

年間収入額103万円と130万の違いは?|扶養控除



■年収103万円とは


年収103万円とは、所得税がかかる基準です。

給与収入の場合、給与所得控除というものがあります。

これは、最低65万円を年間の給与収入から控除することが
できるというものです。

さらに、税金は、だれでも基礎控除38万円といものがあります。


つまり、65万円と38万円の合計額103万円までは、
自分自身に税金がかからないと言うことになるのです。

さらに、103万円という金額は、
配偶者(一般的には夫)が配偶者控除(38万円)を受けることのできる
税金上の金額の範囲でもあるのです。

俗に、103万円の壁などと呼ばれます。年末の時期になるとパートの方が意識するのは、こちらの金額なのかも知れませんね。





社会保険の加入義務などの疑問・お悩みのことなら
 

                 ⇒パートタイマーの社会保険のページへ




■収入130万円とは


130万円の金額とは、国民年金の第3号被保険者や健康保険の被扶養者など社会保険の年収基準額のことです。この130万円の基準が適用される時期なのですが、「将来に向かって130万円の収入の見込みがあるかどうか」で判断されますので、過去、例えば、去年1年間で130万円の収入があったかどうかで判断されないのです。あくまでも「将来に向かって」なのです。


年収が130万円未満の場合

年収が130万円未満の場合、自分で保険料を支払う必要がありません。(ただし、60歳以上は180万円)

例えば、通常、専業主婦の方やちょっとしたパートでの収入のみの場合がこれにあてはまります。


年収が130万円以上の場合

年収が130万円以上の場合、配偶者の扶養からはずれ、自分で社会保険料を支払う義務が発生します。働き方が社会保険の加入基準を満たせば、その働いている会社で社会保険の手続きを取ってもらうことになりますし、そうでなければ国民年金・国民健康保険の手続きをご自身で取ることになります。




■100万円超えて103万円以下の場合

所得税はかかりませんが、住民税はかかります。



■年末調整はなぜ必要か


●なぜ年末調整が必要なのでしょうか?

年末調整とは、給与支払者(一般的には会社)が毎年年末に行なう事務作業のことで、給与の支払を受ける人(一般的には従業員)がその年に納めなければいけない所得税額を、あらかじめ毎月の給与から天引きした所得税と比較して、その過不足を精算する事務作業のことをいいます。

源泉徴収額に過不足が生じる理由としては、以下のようなことがあります。


●税額表の性格
 (毎月、給料は変わらないものとして税額表がつくられているから)

●扶養親族の異動
 (扶養親族の就職などで扶養人数がかわった場合など、遡及して修正しない為)

●生命保険控除・地震保険控除
 (一括控除することになっているから)




スポンサードリンク



 スポンサードリンク





■健康保険の被扶養者に関する届け出
社会保険や労働保険のうちで被保険者の家族に変化が生じた場合に届け出が必要なのは、健康保険です。健康保険の場合、被扶養者が増減した場合には年金事務所又は健康保険組合に「健康保険被扶養者異動届」を提出する必要があります。



■社会保険での言う収入とは?
社会保険での収入とは、お給料はもちろんですが、非課税扱いとされている交通費・失業保険(基本手当)・傷病手当金なども収入に含まれます。そのあたりが所得税の考え方と違います。また、遺族年金なども税法上非課税とされていますが、社会保険の被扶養者の認定基準の年収には含まれることになっていますので、注意が必要です。




[関連記事]

 給与計算を代行して欲しい 




渡辺経営労務事務所  
社会保険労務士 渡辺 昌利


(全国社会保険労務士会連合会  登録番号 第22050053号)
(静岡県社会保険労務士会 浜松支部 会員番号 第2218254号)

〒435−0043 静岡県浜松市東区宮竹町692−4
TEL:053−465−4537   FAX:053−465−4537
 e-mail:mwsr@mbp.nifty.com


        社会保険労務士 渡辺経営労務事務所 HOMEへ         




【サービス提供 主要エリア】  
静岡県浜松市・磐田市・袋井市・掛川市
 愛知県豊橋市・豊川市
※就業規則・給与計算などは全国対応で可能です。


<有資格:行政書士・宅地建物取引主任者・日商簿記2級・剣道2段>

○免責事項