休職中の社会保険料は?

休職中の社会保険料

休職中の社会保険料

 

 

病気やけがなどの理由により休職している場合であっても、厚生年金や健康保険の被保険者の資格は原則として喪失しません(※1)ので、会社には支払義務が生じます。社会保険料は、産前産後期間中や育児休業期間等を除き、従業員が被保険者である限りは発生することになります。

 

 

このため、社員である人前月分を振り込んでもらうなどして、 会社としては徴収する必要があります。
つまり、給料が払われていなくても、社会保険料は会社・本人ともに負担することになります。
(※ただし、そういうことを知らずに、会社が全額負担している場合も多々あります。)

 

毎回振り込んでもらったり、会社まで渡しにくるのは面倒なので、会社が立て替え払いしておき、あとでまとめて支払う場合もあります。

 

もちろん、それでもかまいませんが、この場合まとめて支払うとなるので予想以上に多額の金額になる場合もありますので、従業員とは事前によく相談しておくことをおすすめします。

 

 

(※1)ただし、長期休職期間が続き、賃金の支払いがなく、職場復帰が難しく、従業員としての雇用契約が形式的な状態である場合には、資格を喪失させることとするとしています(昭和6年2月4日保発第59号など)。

 

 

住民税(県市民税)などは市区町村に連絡をすると本人支払いに切り替えることができるので、そちらがおすすめです。

 

 

なお、業務外の病気・けがの場合には、傷病手当金の支給申請も通常発生致しますので、担当者の方は忘れずに行ってください。

関連ページ

給与計算アウトソーシング
給与計算を代行して欲しい方、アウトソーシングしたい方、給与計算に自信のない方はお任せください。
年俸制の給与注意点
年俸制の給与注意点を解説します。時間外労働、残業代の取扱いに気を付けましょう。
皆勤手当と割増賃金の関係
皆勤手当は割増賃金単価を計算するときに、算定の基礎とするのでしょうか。
平均賃金の計算方法・出し方
労働基準法で決められている平均賃金の出し方・計算方法を記載しています。
有給休暇の賃金
有給休暇を取得した場合の賃金はいくらなのでしょうか?計算方法や有給休暇の知識を解説しています。
評価制度・賃金制度
中小企業に役立つ評価制度や賃金制度に関することを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
労働保険・社会保険手続き 給与計算・割増賃金 労災特別加入・一人親方 選ばれる理由 お問い合わせ