給与計算や賃金・時間外労働について

給与計算や賃金関連

給与計算や賃金関連記事一覧

給与計算アウトソーシング

給与計算アウトソーシングのメリット渡辺経営労務事務所に給与計算業務を依頼していただきますと、時間的・費用的なコスト削減とともに、間違いなく処理をすることができます。これにより、経営者や給与計算担当者が煩わしい給与計算業務で頭を悩ませることがなくなります。単なる計算の事務的代行にとどまらず、ご希望があ...

≫続きを読む

 

年俸制の給与注意点

年俸制とは1年間の給料(年俸額)を決め、それを12分の1ずつ毎月支払う(あるいは16分の1ずつ毎月支払い、16分の2ずつを賞与時期に支払う)などの給与体系のことを通常年俸制と呼んでいます。年俸制を採用する場合、残業(時間外労働)や休日出勤をした場合であっても、年俸額にその割増部分の賃金が含まれている...

≫続きを読む

 

休職中の社会保険料

病気やけがなどの理由により休職している場合であっても、厚生年金や健康保険の被保険者の資格は原則として喪失しません(※1)ので、会社には支払義務が生じます。社会保険料は、産前産後期間中や育児休業期間等を除き、従業員が被保険者である限りは発生することになります。このため、社員である人前月分を振り込んでも...

≫続きを読む

 

皆勤手当と割増賃金の関係

皆勤手当「皆勤手当」を支給している会社も多いと思います。例えば、「皆勤手当=月額○○円とする。」などと就業規則に明記して、無遅刻・無欠勤・無早退だった場合に月額分支給するといった具合です。月額で支給される皆勤手当と割増賃金の関係について解説します。皆勤手当は割増賃金単価に入れるのか?割増賃金を計算す...

≫続きを読む

 

平均賃金の計算方法・出し方

平均賃金を算定する場面労働基準法においては、以下の場面において、平均賃金を算定の基礎とする(もしくはすることができる)ことになっています。@解雇予告手当(労働基準法20条)A休業手当(労働基準法第26条)B年次有給休暇の賃金(労働基準法第39条)C災害補償(労働基準法76・77・79・80・81・8...

≫続きを読む

 

有給休暇の賃金

有給休暇の賃金計算方法年次有給休暇の賃金は、次のように決められており、会社は次の@〜Bのいずれかを支払わなければなりません。【原則】・・・・就業規則その他これに準ずるものの定めによる場合@平均賃金A所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金【例外】・・・・労使協定(監督署への届出不要)で定めた場...

≫続きを読む

 

割増賃金や残業代の計算方法

割増賃金・休日出勤・残業代会社は、従業員に時間外労働(残業)をさせたり、休日出勤や深夜勤務をさせた時は、割増賃金を支払わなければなりません。ここでいう割増賃金の対象となる時間外労働とは、労働基準法で定められた労働時間1週40時間、1日8時間超えた時間のことをいいます。これを「法定労働時間外」と呼びま...

≫続きを読む

 

評価制度・賃金制度

中小企業のための評価制度・賃金制度自分の会社に合った評価制度や賃金制度を作りたいと思っているが、どうのようにつくったらよいのかが分からないという声をよく聞きます。また、以前作ったものがあるが、細かすぎて運用できなかったり、大企業のものをそのまま参考にして作ったため運用できなかったりすることもよくあり...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
労働保険・社会保険手続き 給与計算・賃金関連 労災特別加入・一人親方 選ばれる理由 お問い合わせ