有給休暇の賃金

有給休暇の賃金

有給休暇取得時の賃金について

 

有給休暇の賃金計算方法

 

 

年次有給休暇の賃金は、次のように決められており、会社は次の@〜Bのいずれかを支払わなければなりません。

 

【原則】・・・・就業規則その他これに準ずるものの定めによる場合

 

@平均賃金
A所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金

 

 

【例外】・・・・労使協定(監督署への届出不要)で定めた場合

 

B健康保険法に定める標準報酬日額に相当する金額

 

 

また、年次有給休暇の賃金については、上記@〜Bのいずれを選択した場合も就業規則に明記する必要がありますが、一般的には、Aの「通常の賃金」を支払う場合が多いと思われます。ちなみに、「通常の賃金」とは、残業代などを含めない賃金のことをさします(所定労働時間勤務した場合に支払われる賃金のこと)。

 

 

 

 

「平均賃金」と「通常の賃金」の違い

 

平均賃金(月給制の場合)とは、「算定事由の発生した日以前の3ヵ月間に支払われた賃金の総額÷算定事由の発生した日以前3ヵ月間の総日数」で計算された金額のことを指します。 簡単に言ってしまうと、直近3箇月の平均額のことを意味します。当然、その間に残業などをしていれば、残業代なども含めた金額で計算しなければなりません。

 

一方、通常の賃金とは、その会社で1日働いた場合(残業代などは含めない)の賃金のことを意味します。

関連ページ

給与計算アウトソーシング
給与計算を代行して欲しい方、アウトソーシングしたい方、給与計算に自信のない方はお任せください。
年俸制の給与注意点
年俸制の給与注意点を解説します。時間外労働、残業代の取扱いに気を付けましょう。
休職中の社会保険料
従業員が休職している間の社会保険料の取扱について解説しています。
皆勤手当と割増賃金の関係
皆勤手当は割増賃金単価を計算するときに、算定の基礎とするのでしょうか。
平均賃金の計算方法・出し方
労働基準法で決められている平均賃金の出し方・計算方法を記載しています。
評価制度・賃金制度
中小企業に役立つ評価制度や賃金制度に関することを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
労働保険・社会保険手続き 給与計算・割増賃金 労災特別加入・一人親方 選ばれる理由 お問い合わせ